Tamaki's Message

母の負傷

d0230563_16174948.jpg

今回の旅行で 一番のハプニングは なんと言っても母の負傷でした・・・

まだ旅行2日目にして負傷し 
しかも デリーからさらに僻地に向かう行程だったため
このまま旅行を続けられるのか?
体調が悪化した場合、無事にデリーに戻れるのか?
そんな不安な状況でした

なにせ 日本とは違います
何かあっても 即時に対応ができるとは思えませんでした。。。

2日目の夜は アグラ(観光地:タージマハール)からベナレス(観光地:ガンジス川)まで
寝台列車で移動の予定でした

ところが 霧のため(この時期は霧が多い) 寝台列車が運休となり
急遽 乗っていたバスで そのまま長距離移動することになったのです

夜間 約12時間のバス移動・・・

日本の真冬なみの冷え込みなのに バスには暖房設備がなく
急遽 毛布を積み込んでもらったのですが 全然暖かくならない毛布で
それだけでも かなりのサバイバル旅行

それはそれで 我慢できなくはなかったのですが
想定外だったのは インドの道路事情の悪さ

道路には穴ぼこがあいているのか バスはよくバウンスしていたのですが
後部座席に寝ていた母は 1回目の大きなバウンスで 体が中に浮き上がり
思い切り 座席に体を叩きつけられたのです

私は若い分だけ(?) 体へのダメージはなかったのですが
悶絶している母に 血の気が引きました・・・

その後 さらにもう1回 大きなバウンスが起きて それが致命傷となったようです

最初は 腰の痛みを訴えていたのですが
日にちが経つうちに 痛いのは背中だということが判明

なんとか歩けるということと 内臓系の損傷はないようだったので
たまたま持参していた鎮痛剤(歯科の強い薬)で痛みを抑え
その後の バス移動 寝台列車での移動にも耐え 
でも なんだかんだで しっかり観光もし(?)
無事に日本まで帰ってくることができました

帰国しても 日本は病院が正月休みだったため
今日まで待たざるを得ませんでした

今日 事故の救急病院に指定されている 近所では有名な整形外科に連れて行き
レントゲンとMRI検査の結果は 第10脊椎部の圧迫で 出血痕もあったそうです

先生には 「痛かったでしょ~ よく動けましたね~!?」 とあきれられたそう

今は 動くときに痛みがあるだけなので
コルセットで固定して 1ヶ月安静にしていれば治るそうです

今回は さほどハードな行程ではなかったので 連れて行ったのですが
やはり お国事情は考慮する必要がありそうです

帰国して 「どうして現地ですぐに病院に行かなかったの?」 と数人の人に言われましたが
それは 現地を見た人にしかわからない事情です。。。

いずれにしろ 教訓は・・・

①バスの後部座席は揺れが大きいので要注意!
②シートベルトは本当に大事! 

ということで・・・
帰国以来 この私が 「なんちゃって主婦」 をやってます!

あらためて 実感するのは・・
「この私が台所に立つようになったら 我が家もおしまい・・・」

そう遠いことでは ないのかも知れませんけど。。。

しばらくの間は 母に無理をさせないために
私が家事をすることになりそうです


★写真は インドで走っているトラック
 「追い越しかけるときは ホーンを鳴らして!」と どのトラックにも書かれています
 車の量・スピードもすさまじいですが このホーンも始終鳴りっぱなしでスゴイ!
 日本でこんなに鳴らしたら 大喧嘩になりそうですが
 インドではどうやらマナーのひとつのようでした。。。  
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-01-04 17:43

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧