Tamaki's Message

みんな違っているからいい

d0230563_9565445.jpg

人は 必然的に 気の合うもの同士 タイプの似ているもの同士が 自然と集まる
プライベートでは それが心地いい
そして ついつい 人間のつながりは そうであるべきと 考えてしまう

会社や社会
気の合う人間が集まったのではなく 何かの理由で 必然的に集団となった「組織」
その中では メンバーは雑多で 自分が選り好みすることはできない

自分とタイプの違う人間
大抵 そういう人とは やりにくく 時には 衝突もする

「あ~ 自分と似たような人間ばかりだったらいいのに・・・」
そんなことを 考えたりする

私も つい数年前まで 本気で そんな風に考えていた
でも 本当にそうだろうか?

数年前 ある本に出逢った

同じタイプの人間ばかりが集まっていると
共通に得意なことに対しては 大きな力を発揮するが
共通に不得意なことに対しては 全滅する・・・

それは 当然 組織についても言えることである

同じタイプの人間ばかりであれば 意見もまとまりやすく
トラブルも少なく いろんな意味で仕事はやりやすい

しかし 苦手な事項や 不得意なタイプのトラブルに遭遇したとき
全員が その弱さを共有してしまうことになる

そうなると 組織としては 非常に危うい・・・

友達であればいい
カップルや夫婦であれば まだ何とかなる
でも 組織となると そうはいかない

弱い組織は 存続できない・・・

私は 今 自分と全く違うタイプの人たちと仕事ができていることを
心から ありがたく感じている

自分の弱みは 周りの人たちがカバーしてくれる
はるかに年下の部下であれっても 助けられることは多々ある

反対に 相手の弱みは 自分がカバーしてあげることができる

そうして 組織全体としては 
何に対しても立ち向かえる 強い組織でいられる

今の私は
みんなが違っている「デメリット」よりも
みんなが違っている「メリット」の方が はるかに大きいことを 実感している
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-01-29 10:10

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧