Tamaki's Message

カテゴリ:東日本大震災( 42 )




被災地を旅して

d0230563_125055.jpg

ただただ漠然と 
被災地を この目で見てみたい
そんな思いで 旅に出ました

どの町を訪ねるという 明確な目的もなく
ただただ 海岸線を走ってみたい

友人に そう頼みました

松島から出発し 女川町~南三陸町~歌津町~気仙沼まで
太平洋側を 北上しました

当初は 写真を撮ってブログに・・・と思っていましたが
カメラを向けることが とても不謹慎な行為に思えてしまい
結局 写真は 1枚も撮りませんでした

女川町では・・・
一帯が流されてしまった広大な地に 慰霊碑が
その先には 瓦礫の山 スクラップ車の山 
津波の被害にあった民家が 何十軒もそのまま放置

南三陸町では・・・
防災センターの若い女性職員さんが 最後まで 避難を呼びかけ続けたという
庁舎が テレビで見たままの 赤い鉄筋だけの姿で残り

歌津町に至る 漁港の数箇所は 壊滅状態で
3~4階の鉄筋の建物が 最上階まで 破壊された状態で
遺跡のように 残っているだけ

言葉を失ったのは 
少し高台にある 学校の校舎が
3階まで 破壊された状態で 無残な廃墟と化している姿

あの高さまで!! 信じられない。。。

気仙沼は・・・
町の規模が大きかったせいか 多くの被災建物が 手付かずのまま放置されいる状態で
漁港エリアは ゴーストタウンと化していました 

感受性の強い私を 友人は心配していたようですが
1年半近く経ってはいるものの 
やはり それ相当のショックは受けてしまいました

震災直後に 現地入りしていたら
私の神経では もたなかったかも知れません。。。

被災地を旅して 何かができたわけでは ありません
逆に 何もできていない現実を あらためて突きつけられただけでした

「私の代わりのつもりで ボランティアをした」 と言ってくれる友人のお陰で
何とか 心が救われました

廃墟がなおも残る中でも
町には 哀しみの空気は流れておらず
そこには 人々の 日常の生活が生まれており
夏祭りなど 地域を盛り上げる イベントも 開催されており
人間の 生きる力の たくましさに 心を打たれました

この貴重な体験 行けてよかった
連れて行ってくれて 本当に ありがとう

この目で見てきたこと・・・
一生 忘れないでいたいと思います 


                                  (写真は 松島にて)
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-08-21 12:15 | 東日本大震災

被災地へ

d0230563_1224060.jpg

震災以来 チャンスがあればと思っていましたが
なかなか きっかけがなく 訪れることができないでいました

このお盆休み 友人が案内してくれることになり
行ってくることにしました

かなり復興が進んでいるようで
傷跡は あまり残っていないとの話ですが
やはり ずっと訪れてみたかった地

ボランティアにも 参加したことのある
友人の話も いろいろ聞いてみたいと思います

震災がきっかけで 立ち上げた このブログ

今回の 東北行きは・・・
自分の中で 気持ちの上で 1つの節目になる 
そんな予感がしています

広島に帰ってくる日程は 未定
ブログは しばらく 更新できないと思います。。。

みなさんも よいお盆休みを~
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-08-10 12:06 | 東日本大震災

あれから1年・・・

d0230563_21504448.jpg

3月11日は 母の誕生日
でも 我が家のキッチンのスケジュールボードには
「お祈りの日」 と書き込まれていました

「今年からは お祝いはしないから」

母は そう言っていましたが
結局は 姉の家族が 
ケーキとお寿司とプレゼントを持って来たため お祝いはしました
d0230563_2202854.jpg

そのお祝いの途中に 14時46分を迎え
全員で 黙祷。。。

私は その日は 震災関連の番組を見るつもりでいましたが
心が重くて ほとんど見ることはできませんでした

当時 当たり前に 何度も何度も 繰り返し見ていた
地震や津波の映像 被災者の方たちのインタビュー
1年経った今の方が 辛くて見ることができません

このブログも 震災をきっかけに立ち上げたものでしたが
結局 直接的に 何もできずに過ぎてしまった1年
自分自身 情けない思いで 過ごした1年でもありました

今年は 何か行動できる 「きっかけ」に出会えるだろうか。。。

今日はまた 大きな地震が 2つも続いて起きました 
ちょっとイヤな感じです。。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-03-14 22:11 | 東日本大震災

震災から3ヵ月

d0230563_2114558.jpg

今日で 震災から3ヵ月
早いとも感じるし まだ たった3ヵ月とも 感じる・・・

昨日から今日にかけて さすがに被災地の「今」を伝える 番組が多かった
何か違和感を感じたのは
最近は めっきり被災地の報道は減り ニュースが原発関連一色だったせいだろうか

あらためて ビックリしたのは 地域によっては 
水道の復旧率が いまだに 7%程度とか

あれから 3ヵ月も経つのに・・・

これほど 復旧が遅れているのは 震災の規模があまりに大きかったせいか
はたまた 政府が 原発対応に 多くの手を取られているせいか?

なんだか 後者のような気がする

被災地の映像を見ても 未だに 震災直後とあまり状況は変わっていない
3ヵ月でこれなら いったい 本格的な復旧はいつになるのかと
気が遠くなりそうな話しだ
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2011-06-11 21:17 | 東日本大震災

政治家だけが「日本人」じゃない?

d0230563_21103398.jpg

震災後 私は日本人に生まれたことを あらためて誇りに思った
各国から賞賛の嵐を受けた 日本人の日本人としての「美徳」
思いやり 助け合い ひとつになって力を合わせようとする 
日本人ならではの「団結力」

今回ばかりは 誰か指導者がいたわけでもなく 誰か特定の人が呼びかけたわけでもなく
国民ひとりひとりが 自らの意思で 自発的に考え 行動した
それが ひとつの「形」になって あらわれた

会社の同僚が言った
「日本人って すごいんだね
こんなことが起きるなんて ビックリした」

私は言った
「日本人は 眠っていただけだと思うよ」

近年 若者を中心に 日本人の堕落 品格の欠如が嘆かれていた
古き良き日本を愛する私としても 情けない気持ちだった
でも 今回の震災で 日本人の本質は 決して失われていなかったことを知った
本当に嬉しかった

国民は団結し ひとりひとりが それぞれの意識の中で
復興に向けて それぞれの努力をしている
多くの人が 自分の利益を後回しにしても 
被災地や被災者のために 一生懸命になっている

ところが どうだ 政治家たちは
先週からの 内閣不信任案にからむ茶番劇
いったい どっちの方向を向いて 政治をやってるのか?

震災後 日本人は変わった
意識も 価値観も 行動も いろんなものが変わった
変らないのは 政治家と 政治だけ

いまだに 真の「日本人」として目覚めない政治家は 今の日本にはいらない
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2011-06-09 21:52 | 東日本大震災

その土地で生きてこそ

d0230563_084428.jpg

震災直後 過酷な避難所生活にも関わらず
多くの被災者が 地元を離れようとはしなかった

生命にさえ関わるような 劣悪な環境下でさえ なぜ?

苛立たしく思う私に 東北出身の友人は
「そう簡単にはいかない」 と言った

東北の人は 郷土愛が強く
また 地域のつながりが強いため 地元を離れることには かなりの抵抗があると

そのときは それで納得したが
福島の原発事故をきっかけに それとはまた別の要因を 思い知らされた

人間は 自分を基準に物事を考えてしまう
自分たちにとって 簡単なことは 他人にとっても 簡単であろうと

都会の人間が 住んでいる場所を離れるのは さほど難しくはないだろう
住居と家財道具さえ あきらめれば良い
仕事も 転職すれば なんとかなるだろう

でも 地元の人たちは・・・

そう 地元の人たちには 田んぼがあり 畑があり 家畜がいる
自分の体ひとつだけを 考えることは難しい

そんな長年の財産を投げ出して どうやって新しい生活を築けばいいのか
どこに 心のよりどころを見つけて 立ち直ればいいのか

東北の人は とてつもなく たくましい
結局 困難で不自由な避難所生活にも負けず 
多くの人が 愛する 「ふるさと」 にとどまり続けることを選択した
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2011-05-28 00:22 | 東日本大震災

GW

d0230563_21422182.jpg

すっかり暖かくなり 日差しも強くなってきた
あ~ これはもう5月の陽気だな~

今年は いつまでも肌寒く
震災の心理的影響もあって 春の訪れが とりわけ遅かった

今年の連休は 旅行の計画は立てていたものの
どうもその気になれず 珍しく中止にしようと思っていた

でも 母に 「行きたい?」 と聞くと
「行きたい!!」 と言うので 予定通り行くことにした

いまだに 震災の影響で 旅行や遊びを自粛するムードが続いており
関連産業は 大きな痛手を受けている

テレビでも しきりに 国民に呼びかけている
平常の生活に戻り 経済を活性化するようにと

いろんなところに お金を落とすのも 復興支援
いつも通りに お金を使って 日本を元気にしていきましょう!

5月は レジャーに最適な季節
自然の恵みを 存分に受けて 心身共に 元気一杯になりましょう!

さ~て 私の行き先は 1週間後の お楽しみ~!?
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2011-04-25 21:37 | 東日本大震災

考える時間

d0230563_12423136.jpg

福島の原発事故は 収束の見通しが立たず
相当 長期化する様相を呈している

早く解決してくれることを願うばかりだが 
私はこうも感じている

これは 
「私たち人類に与えられた試練」
「しっかり考えるために与えられた時間」
であると

私は 神様というものを信じているわけではないが
神様という存在があるとするなら
「人間たちよ 自分たちの生活を そのあり方を よくよく見つめ直し
本当にこれでいいのか よくよく考えてみなさい」

そう投げかけられているような気がする

今 原発に対し その賛否を問う声が 過去にないほど大きくなっている
海外でも 国内でも・・・
やはり 「日本で起きた」 ということが かなりのインパクトになっている

今 代替エネルギーについて 検討しようという動きも 活発になっている

原発の収束まで 数ヶ月 いや 数年かかるかも知れない時間の間に
「しっかりと考え」 「必要な軌道修正をする」 ことを
私たちは 求められているように思う
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2011-04-22 12:49 | 東日本大震災

「がんばろう!!東日本の酒蔵」

d0230563_693777.jpg

日酒販が、4月22日からの3か月間、こんな企画をスタートさせる。

この度の大震災では、「酒どころ東北」の多くの酒蔵が被災し、製品や製造機材を失うなど大きな被害を受けているとのこと。

その復興を願い、被災地の酒蔵の商品拡販を図るというものだ。

拡販にあたっては、商品毎に「首掛け」(『東日本大震災復興支援』)を添付し、対象商品の売上の2%相当額を、「日本赤十字社」を通じて、被災地の復興支援に充てるとのこと。

美味しいお酒を飲んで、復興支援ができるというのは、私たちにとっても嬉しい支援方法だ。


皆さんご存知の通り(?)、私はお酒が大好きだ。

以前から、東北のお酒のファンではあったが、これからは意識的に、東北のお酒を注文&購入しようと思っている。

お酒好きな方は、是非!!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2011-04-22 06:15 | 東日本大震災

ユニークな支援

友人からの情報
地方ニュースで、とてもユニークな被災地支援が紹介されていたとのこと

d0230563_1453878.jpg

京大の学生が中心に、ボランティア達が繁華街で一般の人にランチを提供。
食べてもらった人には、その人の思いでお金を払って貰い、その全額を被災地に寄付する。
面白いのは、食材(野菜中心)は、中央卸市場での売れ残り(外観のB級品)を無料で貰い(廃棄物になって処理費がかかる予定のもの)、それを毎日貰って、ランチを作って食べてもらうというところ。
場所も、趣旨に賛同した店を、ランチタイムだけ無料で使わせてもらっている。
1ヶ月で40万ほど集まった。
もう1週間ほど営業して、どこの団体にも寄付しないで、被災地に直接行って、全額使って炊き出しをしてくるとのこと。
日替わりで、プロのシェフもボランティアで参加。

友人からは、
「募金のあり方と、離れたところでのボランティアのやり方、エコも含めた工夫が秀逸」
「若いのにネットワークと行動力、周りの人たちの理解がいい」
とのコメント

みんなで考え、協力し合えば、いろんなことが出来るんだね~
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2011-04-21 01:54 | 東日本大震災

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧