Tamaki's Message

<   2012年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧




出来る範囲で・・・

d0230563_5252812.jpg

今 とても 幸せにしてあげたい人がいる

でも 今の私には
出来ることと 出来ないことがある

仕方がないので 出来る範囲で 精一杯のことをする

人生においては 往々にして
2つのことが 両立しない場合がある

一方を選択することは すなわち 一方を失うこと

失うものが 自分にとって 大きな「存在」である場合
自分が自分らしく 生きられなくなるキケンがある

私の友人は いつも このジレンマに悶々としているが
自分には 無縁な悩みと 思っていた

自分の意思だけで 決められることは 比較的簡単
でも 世の中 自分の意思だけでは 決められない
もっと別の 要因もある

「時薬」(ときぐすり)という言葉が あるそうだ

ちょっと 意味合いは 違うかも知れないが
今のところは その助けを借りよう

時の流れの中で 何かが 変わるのかも知れないし
変わらないのかも知れない

優しさと 思いやりの言葉に 心の痛みが 和らいだ 
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-31 05:44

言わないことも ときには大事

d0230563_12121178.jpg

ときどき 自分のバカさ加減に あきれることがある

それなりに 考えているつもりではあるが
後になって 自己嫌悪。。。

ちょっとした 自分の一言が
ある人の尊厳を 大きく傷つけることになる 場合がある

善意のつもりでも 招く結果は 最悪。。。
我ながら 情けない

自分のことであれば いい
でも 誰か他の人のことは ガラス細工のように
大事に 大事に 扱わないと

真実は 当事者にしか わからない
伝え方を 間違えると すべてが狂ってしまう

もう2度と 同じ失敗は しないと 心に誓う
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-30 12:16

今日から稼動!

d0230563_6482023.jpg

気がかりだったことがあったが
昨日の晩 やっと少し 落ち着きをみせた

ちょっと 山は 越えたかな?

心配で 仕事に 身が入らなかったけど
今日からは 気持ちを 仕事に復帰させよう!

今日から いつもの私で 稼動します!!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-30 06:49

愛しているよ

d0230563_625843.jpg

このブログを読んでくれている すべての人に 伝えたい

愛しているよ

私の 溢れる愛は 止まらない・・・


1晩中 考えた
今は 何を伝えるべきかって


大切な人 傷ついている人 悲しみに心が泣いている人
みんな 幸せになって欲しい

私は いつも そばにいるよ
必要なときは いつでも 求めて欲しい

ボロボロでもいい 弱音を吐いてもいい
私は ありのままのあなたを そのまま全部受け止めるから

無理に 強くならなくてもいい
いつか 自然に そうなれる日が きっとくる

その日まで 私の方が あなたを支えてあげるからね
そして 私も あなたに支えてもらうからね


今日のあなたに 少しでも
笑顔と 心の安らぎが 訪れますように。。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-29 06:15

東京出張


もしかして・・・
すごく長く ブログを更新していなかった??

実は 今 東京に来ています
お仕事で。。。

出発前から 連日の残業で バタバタしていて
予告さえも できていませんでしたね~!?

今回の出張は 私にとっては いろんな理由で
意味深く 中身の濃い
そして 大きな 「転機」 となるものと とらえています

昨日は 今回の出張の 一番の目的を果たし
成果は 上々だったと 思います

自分が 動くことで 何かが変わる
良い方向に 向かっていく・・・

これこそが 私にとっての 
やりがいであり 私の存在意義だと 感じます

おごりではないけれど・・・
自分にしか出来ないこと 自分だからこそ出来ること
それを ちゃんと自覚して行動し
自分の持てる力を 存分に発揮すること
それが 私の果たすべき 「役割」 だと思っています

お仕事の部分は あとちょっと・・・

その後は プライベートな時間を
存分に 楽しみたいと思います

気の合う仲間と 楽しい時間
明日は 甥っ子と デートもあります!!

じゃ 今から 残りのお仕事 頑張ってきますV
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-25 08:41

恒例の・・・

d0230563_17172661.jpg

今年も 大好きな お豆さんの季節が やってきました~!

連日の残業で 少々お疲れモードではありましたが
この週末を逃すと 大好きな「さや豆」が 終ってしまうということで
今年も 収穫に行って参りました~

はい こんなにドッサリ!
d0230563_17181430.jpg

収穫の後は ご主人自慢の てっぱんで BBQ
そら豆を こんな風に 焼いて食べられるなんて サイコーの贅沢です!!
d0230563_1720567.jpg

昨日は 他にも 可愛らしい収穫が!

こちらは お庭に 植えてあった サクランボ
d0230563_1722318.jpg

こちらは 畑で収穫した イチゴ
d0230563_17223998.jpg

でも なぜか すごく感動したのが・・・
発見した 白いイチゴ!
d0230563_1724650.jpg

これが 色づくと いつものイチゴになるんですね~
プリプリして とっても ピュアでした!

昨日のお土産は 過去最高!?

さや豆 そら豆 ツタンカーメン
破竹 たまねぎ ニンニク ニラ あさつき ブロッコリー
イチゴ キンカン
かぼちゃの苗 ズッキーニの苗 クレソンの苗 ローズマリー

ザックと 大きな手提げ袋を パンパンにして JRで帰る姿は
さながら 戦後の 配給帰りのような 気分でありました~ (笑)

睡眠不足に お昼の宴会は 効いたけれど・・・
田舎の豊かな自然が また 来週も 頑張る元気を くれました!

いつも ご招待下さる ご夫婦に感謝!
そして 持って帰った野菜の「処理」をする 母に感謝!!


(最初の写真は ツタンカーメン。珍しい紫色の房です。
 豆御飯にすると、赤飯のような御飯になります!)  
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-20 17:41

ミーティングの後で・・・

d0230563_12275711.jpg

登山教室があった 翌週の木曜日は
登山教室の ミーティングです (反省会と次回の打合せ)

終ったあとは・・・ 当然ながら 飲み会??

昨日は 一緒に 登山教室に入会した もう1人の男性と一緒に
彼が 事前に調べていた 立ち飲みワインのお店に 行ってみました

でも 結局は テーブル席に したんですけどね (笑)

d0230563_1223323.jpg

料理もしっかりしているのに
すべてのワインが とてもリーズナブルな値段で グラス飲みできます!

実は 彼・・・ 
相当な ワイン通!?

それは 以前から 知っていたのですが
昨日 聞いた話によると 
自宅には ワインセラーがあって 常時60本程度を 備蓄しているとのこと
時価で 200万円分くらいのお値段だとか!? (ヒョエ~!!)

このお店 ちょっと変わっているのが
隣に酒屋さんを 併設していて
ボトルで 飲みたい場合は 隣の酒屋さんで 選べば 
プラス1050円で お店で serveしてくれるというもの

グラスワインじゃ 間に合わない2人ですから(?)
彼に 選んできて もらいました~

彼の言動に お店の方も 相当の「通」と 思われたようで
オーナーが わざわざ 挨拶しに来られましたよ (苦笑)

クラブの仲間と こういうお洒落な「飲み会」をすることは
ほとんどないのだけど
彼とは 定番になりそうです!?

久しぶりに リッチで お洒落な気分を 満喫できた ひとときでした~!!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-18 12:33

繁忙期に突入!

d0230563_6104393.jpg

新規業務の 正式受注が決定し
とうとう(?) 繁忙期に突入してしまいました!

先週から 残業週間には 突入していたのですが
しばらくは 帰宅の遅い日が 続くことになりそうです。。。

去年の夏頃 連日の残業&休日出勤で しんどい思いをしましたが
今年は ちょっと事情が違う

それは みんなで 残業すること!?

去年までは 私しか 出来ない仕事が多くて
いくら大変でも 手伝ってもらうことが 出来なかったのですが
あれから 1年経った 今年は
多くのことを 手伝ってもらえるように なりました

1年で・・・ 状況は 大きく変わりました。。。

1人で 出来ることには 限界があるけど
複数でやれば 一気に 前に進む!

1人じゃないってのは 精神的にも 大きいです!!

さて・・・ 
山で 英気を養ってきたので(?)
まずは 今週1週間 なんとか 乗り越えたいと思います
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-15 06:14

登山教室 2回目

d0230563_52222100.jpg

残業続き 睡眠不足 前夜の飲み会・・・
当日の朝 バタバタと荷造りして 慌しく出発
ヤレヤレ。。。

体調・準備は 万全では ありませんでしたが
この週末は お天気にも恵まれ
また 新緑がとても 美しく気持ちよく
とても すがすがしい 山歩きとなりました

山って 治癒力があるというか・・・
もちろん 登山をすると 肉体的には 疲労しますが
心も身体も 「再生」 させてくれる気がします

新緑の森 可憐な春の花々
水のせせらぎ さわやかな風
うぐいすの声 キツツキの音

寝不足が続いていたため
夜の早いテント泊で 睡眠時間を 取り戻しました! (笑)

今回の 登山教室は
何か 新しいことを 勉強すると言うよりは
前回 学んだことの 「実践編」 といった感じ

テントの設営 自炊
それぞれ 10数kgのザックを背負って
連日5~6時間の 山歩き

ザックが重くて・・・ 
楽しむと言うより 若干 「苦行」 にも近いですが
慣れないと アルプスでの テント泊は 実現できませんからね~
ちなみに 私のザックは 13kgでした

メンバーは 本当に 陽気で 楽しい人たちばかりで
今回も 一緒に 楽しい時間を 過ごさせていただきました

ちなみに・・・
今回の もうひとつの「目玉」は 山菜!
d0230563_52388.jpg
山歩きの途中 わらび こしあぶら をたくさん採って・・・
講師陣が 夕食時に てんぷらをして くれました~
d0230563_5235268.jpg

自然の中での こういう料理は 最高の贅沢ですね!

大佐山 臥龍山 掛頭山
芸北の春山を 満喫した 登山教室2回目で ありました!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-14 05:36 |

燕岳の登山教室

d0230563_12383697.jpg

GWの締めくくりは・・・
北アルプス 燕岳にある 燕山荘が主催する 登山教室でした

参加者は 30名
ほとんどが 雪山初心者 だったようです

私は 雪山は 何度か経験がありますが 
北アルプスは 今年が 初挑戦!

その意味でも 信頼のおける登山教室(ツアーではない)に
参加したいと 思いました

講師陣は なかなかで・・・
・ Oさん(60歳位? 世界の名だたる山々を制覇している 有名な登山家らしい)
・ Aさん(60歳位? 燕山荘のオーナーの弟さん 海外登山のガイドなどされている?)
・ Sさん(30代? オーナーの信頼が厚い、大天井山荘の支配人 いかにも山岳部系)

1日目は 山頂付近で カミナリと強風は あったものの 全般的に お天気は良く
2日目は 朝から 天候が急変し 山頂/稜線付近は 吹雪・カミナリ

そんな中 空の様子や 雲の動きを見て
登頂断念や 早急な下山など 分単位で 判断を変えていかれたところは
さすがだと思いました

その点は 安心感があったのですが・・・
逆に 不安感があったのは 
初対面なので 参加者の力量が わからないこと!

これって やはり 
パーティを組む上では 重要だと 思いました

厳しくない状況下では あまり 問題ないかもしれませんが
天候の急変など 自分自身も アブナイような状況になると
助け合うのは 困難です

現に 参加者の1人は 登り始めから 重いザックにへばってしまい
Sさんが 彼女のザックを 自分のザックと一緒に 背負うことに・・・

さらに もう1人の参加者は 登山そのものも初心者っぽく
装備も不充分 その使い方も わかっていない・・・

おそらく これまで 大きな問題が起きていないせいだと 思いますが
主催者側は 参加者の力量・装備を 事前にチェックする必要が あると思いました

あとは・・・
パーティの規模が大きく しかも「仲間」でない集団の場合
自分の都合で 歩みを止めて 
装備・衣服を こまめに調整することが 難しく
こういうことも 天候が急変したりすると 「命取り」になると 痛感しました

2日目は 吹雪 カミナリ 大雨 と散々では ありましたが・・・
それが かえって 悪環境を 体験する 良い機会となり
今後に向けて 多くの 教訓を学ぶことが できました

以下、自分の反省点と今後の課題

<雪山編>
・ ジャケットは顔/頭部を包み込む、大きなフード付きが必須
(今のフードは小さくて、吹雪から完全防御できなかった)

・ 冬用のジャケットは、防寒と防水の両機能を備えたものにする
(防寒用ジャケットと合羽の2枚を持っていたが、着替えがうまくいかなかった)

・ 天候が悪そうな場合、フェースキャップは事前にかぶっておく
(脱ぐのは簡単だが、吹雪になってからでは、着用が間に合わない。)

・ オーバーグローブもゴアテックス(完全防水)が必要
(手袋は濡れたらアウト!雪ならまだ良いが、雨混じりになるとアブナイ)

<雨天編>
・ 合羽はゴアテックスのしっかりしたものにする
(防水機能が弱いと、土砂降りの場合、水がしみてくる)

・ ザックカバーは土砂降りのときは役に立たない
(装着してもグッショリ濡れてしまった!ザックの中身をビニール袋に入れる方が間違いない)

<全般>
・ 必要なものは、常に取り出しやすい場所に、収納しておく
(平常時なら問題ないが、吹雪などの場合、すぐに取り出すのは困難)

・ たとえ日帰り登山であっても、天候が不安定な場合は、ツェルトは必須!!
  万一への備えは、常にしておく必要がある


さて 今週末は 登山教室2回目です!
今回は 何が 勉強できるかな~?? 楽しみです!!


                         (写真は 雪上斜面での 滑落訓練中の様子)
 
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-05-11 12:45 |

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧