Tamaki's Message

<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧




お母さん

d0230563_1243174.jpg

私にとって母は
怖くて 厳しい母である一方
愛情豊かで 優しい母である

厳しいけれど 
決して私を 苦しめたり 傷つけたりしたことはない

そんな母との間に 今週末 ある事件が起きた

普段の生活の中では 起こり得ないようなことで
私は ひどくショックを受け 混乱した

なぜ そんなことになったのか

自分なりに 考えて 精一杯配慮したつもり
だから 誰を責めることもできない

自分自身に振り返ってみても どうすればよかったのかわからない


昨晩は残業で 23時頃に帰宅した

寒波到来で 寒いことを気遣ってくれたのか
はたまた 私のビミョウな変化を 察知していたのか
そんな時間に キッチンにストーブを炊いて
母は 私の帰りを待ってくれていた

特に 週末の話を 切り出すつもりはなかった
母を 恨んでもいないし 仕方がなかったと思っていた
話せば 逆に 傷つけると思っていた

会社の話 友人の話など
1日の出来事を 話しているうちに
自然に 週末の話になった

昨晩の母は いつも以上に優しい母で
私の話を 思いがけないほど ちゃんと聞いてくれ
逆に 無理をしないようにと 気遣ってくれた

心の内を 全部吐き出せたことで
私は 気持ちがスッキリしたし 気持ちが楽になった

そして母は これまで以上に 
何でも話せる存在になった気がした


母親は
ときに けじめを求めたりして
必要以上に 厳しくなったりする
そしてそれが 信じられない言動に発展する場合もある

でもそれが
我が子を守ろうとすればこそ
我が子を愛すればこそ
そうわかれば 子供は納得する

母と ちゃんと話せてよかったと思う
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-28 12:49

喪中のハガキ

d0230563_12374079.jpg

この連休中 喪中のハガキが2通 届きました

どちらも 前の会社の 親しい友人から

1通は 奥さんのお父さんの訃報
1通は 実のお父さんの訃報

どちらも 76歳だったそうで
私の母と 同じ年です

昔から 喪中のハガキは よく受け取っていましたが
随分年上の方から頂く ハガキばかりだったので
「今年は 年賀状出しちゃいけないな~」
それくらいにしか 感じていませんでした

でも 近しい友人から そんなハガキが届くようになると
さすがに ショックですね

最近 人生の時間について
以前より いろんな思いを 抱くようになりました
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-26 12:31

ほぼ1年ぶりの・・・

d0230563_1282434.jpg

先週の日曜日は 母と1日 行楽に出かけました

思い返せば ほぼ 1年ぶり??

昨年末の インド旅行での「負傷」以来
なかなか 体が回復しなかったので
母を 旅行や行楽に連れ出すのは ずっと「お休み」にしていました

1年経って やっと 復帰できたみたいです!

母のリクエストで 「湧永庭園」に出かけたのですが
JRの駅から 目的地までは 公的交通機関がないということで
この母子は いつもの通り 徒歩!

往復16kmの道のりを 寄り道もしながら
歩き通しました~

本当にのどかで 自然がいっぱいで 空が広くって
冷たくて 気持ちいい空気を たくさん吸って
母も 元気いっぱいでした

どこでもいいから 外に出かけたい!

そんなささやかな願いを 叶えてあげられて
私も とっても満足の1日でした~
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-21 12:32

久しぶりのデート

先週末は 行事(?)が盛りたくさんでした~
今週は そんなご報告をしようかな?

金曜日は 母が「ヴェネツィア展」に行きたいとのことで
仕事が終ってから 県立美術館に 一緒に行ってきました~

d0230563_12272474.jpg

私は 昔は 絵画とか焼き物とか
美術品・工芸品が すごく好きで
よく行っていたものですが 最近はめっきり・・・

映画も ノンフィクションにしか関心がなくなったり
ひと年取って 現実的なものにしか あまり興味がなくなった私です

母は 目が悪いので
今回は 音声ガイドを借りてみました

よく見えなくて 美術品にさわろうとして
係員の人に 注意されたり (苦笑)

1時間半見て回って ちょっと疲れちゃったけど
母は満足そうで 何よりでした

美術館の後は 母のリクエストで
いつものタイ料理のお店へ

d0230563_12274410.jpg

あまり食べない2人なのに
ちょっと 注文しすぎてしまいました~

こんな日常ベースの 親孝行ができるのも
一緒に暮らしているからこそだな~と
あらためて ありがたく思いました
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-19 12:36

その先にあるもの

d0230563_12345494.jpg

私は いつも
こうなりたい ああなりたいと 目標が生まれると 
必ず行動を起こす

せっかちで 猪突猛進のせいもあるが
やはり 一番の理由は・・・

行動しなければ 物事は 変わらない

それを 知っているから
だから 絶対に 行動に移す

でも 行動と言っても いろいろある

目標に向かって 直接的に行動をすることだけが
行動ではない

自分が意識を変えて 自分自身が変わることも
大きな意味での 行動 と言え
それによって 「岩が動く」 ことも多い

たとえば 好きな人ができたとする
告白することだけが 行動ではない

その人が 振り向いてくれるように
自分なりの努力をする

身なりを整えたり 温かい言動を心がけたり
相手が困っているときには さりげなく助けてあげたり
いつも笑顔で 優しいオーラを出したり

直接的な行動には 出ていなくても
それが結果として 望んだ結末をもたらしてくれる場合もある

もしかすると ハードルが高い問題ほど
そんな間接的な 多くの努力が必要で
それによって 実を結ぶのかも知れない

直接的に 何かできる場合は
最短距離を行けばいい

でも それができない場合は
少しでも 状況が好ましい方向に向かうよう
日々 地道な努力をする

そのとき そのとき
その段階で できることを考える

そんな行動を 積み重ねている限り
目標は決して 遠ざからないのである

行動し 努力し続けている人の
その先にあるものは・・・

必ずや 明るい未来だと 私は信じている
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-16 12:46

欠かせないもの

d0230563_12393231.jpg

紅葉って 綺麗ですよね~
先週末の キャンプ場での写真です

「日本は 四季があって 素晴らしい!」 って 
本当の意味で実感したのは
海外生活をしてからのことです

当たり前のことが 当たり前にあるときは
そのありがたみは わかりにくく
失ってみて 初めてわかるものです

それに気づけた要因として
海外生活は やっぱり大きかったですね~

辛かった時代や 海外生活を経て
私が幸福に生きていくために どうしても欠かせないものは
はっきりしています

それが こんなこと・・・

■ 地域環境
・ 日本であること
・ 四季があること
・ 自然が豊かであること (山・海・川があること)

■ 住宅環境
・ 室内に光が入ること
・ 眺望があること
・ (大きめの)お風呂があること
・ ネコが飼えること

■ 食事
・ 野菜&和食中心であること
・ お刺身が食べられること
・ いつもお酒があること

■ 健康&精神面
・ 日々体が不調でないこと
・ 一人の人間として自由であること
・ 経済的に追い込まれていないこと

そして 他にも大切なことが・・・
両親に何かあったときに すぐに駆けつけられる距離にいること

以前 海外移住を 考えた時期がありましたが
国境があり 陸続きでないというのは
どうかんがえても ありえませんね~

ここに挙げたこと以外は
そういう意味では 私にとっては あまり重要なことではありません

そう考えると 幸せに生きていくための条件って
そんなに多くはないんですよね

でも逆に このどれ1つが欠けても
多分 私はおかしくなってしまうだろうな~ と思います

経験者は語る・・・ です! (笑)
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-15 12:48

どんどんシンプルになっていく

d0230563_1252327.jpg

自分にとって 大切なものが
明確になればなるほど
人生は シンプルになっていくんだな~ 

最近 そんなことを 実感しています

若い頃は 欲張りで
アレも コレも したくて・・・
アレも コレも 欲しくて・・・

でも 
やっても やっても
手に入れても 手に入れても
満たされなくて 求め続けたように思います

でも今は・・・
大切なもの 欲しいものは はっきりしていて
しかも 多くは望んでいません

それさえ 手に入れることが出来たなら
他は 別にどうでもいいや って感覚

人生 約半世紀を生き
自分にとって 大事なものと そうじゃないものが
絞り込まれた結果なのでしょうね

自分の 「核」 となることだけ 
大切に思って エネルギーを注げばいいので
時間が足りなくて バタバタすることもなく
とても穏やかな気持ちで 毎日を過ごしています
仕事も プライベートも・・・

これって 満たされているってことなんでしょうね

こんな穏やかな日々が ずっと続けばいいな~ と思います
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-14 12:13

可能性

d0230563_123727100.jpg

「可能性」 って とても不思議だと思います

何かが 実現する・叶う 「可能性」 は
決して いつも同じではありません

タイミングや
その時の 当事者の気持ちのあり方によって
大きく変わります

とても 叶わないと思っていたことが
夢のように 叶ったりした場合
やはり タイミングと 当事者の気持ちが 
最大限に その可能性を高めた 結果なのでしょう

叶って欲しいけど 叶わないこと
人生においては いろいろあります

それが 実現する可能性を 高めるために
できることは いくつかあると思います

■ あきらめず 願い続けること

■ 可能性を高めるために 必要なことを考えること

■ 必要な準備を しておくこと
  ・ 今できることは すぐにしておく
  ・ 今できないことは 時期がきたら やっておく

そして そのチャンスが 訪れるときを
待つ・・・

ちゃんと準備して 待っていれば
そのチャンスを 逃すことは ありません

叶えたいことが あるならば
待っているだけでは ダメなんですよね~

賢く考えて 行動しないと!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-13 12:46

登山教室 サバイバル編①

d0230563_12303086.jpg

この週末は 11月度の登山教室でした~

今回のテーマは 「地図読み」
実は 登山教室で 一番勉強したかったテーマです

アルプスなどの登山では 
現地のルート案内が しっかりしているので
ちゃんとした地図を持っていなくても 目的地にたどり着けます

逆に 怖いのは 里山です
里山は 登山道があっても 標識が整備されていない場合も多く
ちょっとルートを間違うと 山で迷ってしまいます

基本的に 私は一人では 山に行きませんし
里山は 特に警戒します

でも どんな場合も リスク管理はすべきなので
今回は 「地図読み」 を勉強してきました

感想は・・・
「地図読み」 は難しい!

ちゃんとした登山道がない道を 
地図と磁石をたよりに 歩いたのですが
人間の判断力の いかにいい加減なことか!?

なんども 遭難しかけました! (笑)

そして 窮地を救ってくれたのは GPSでした

「地図読み」 も結局のところ 
現在地がわかってはじめて 役に立つものなので 
現在地を見失ってしまったら
進むべきルートも 方向も 確認ができなくなります

雪山で 吹雪になった場合なども
地図を出して確認するのは ほぼ不可能と思われますから
やはり GPSがたよりになりそうです

木の枝にひっかかりながら 
くもの巣をかきわけ 倒木を乗り越えて
何度も転んで 服は傷だらけになりそうで
訓練以外では こういう経験は あまりしたくないですね (苦笑)

でも 夜の部は・・・
すき焼きパーティで お酒は飲み放題! (ビール、ワイン、日本酒、焼酎)

寒かったので
食事後は キャンプファイヤーをして
また存分に 盛り上がりました~

「愛欲ゲーム」 なる怪しい(?)ゲームも 飛び出したりで
中年の合コンのノリでしたよ (笑)

次回12月は ビバーク訓練
日帰り装備で 遭難した想定で
山で1晩を明かします

さて どうなることやら??
来月の報告を お楽しみに!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-12 12:38 |

お見合い結婚

d0230563_12352471.jpg

もちろん 私のことではありません! (笑)

隣のお家のお嬢さんに 赤ちゃんが生まれたということで
先週末 母と一緒に お祝いに行ってきました

彼女は 中学生の頃
私が 英語の家庭教師をしていた お嬢さん

当時は 女性らしさも色気も まったくなかった彼女ですが
赤ちゃんを抱くその姿は とてもやわらかくて 美しく
女性って 変わるものだと つくづく・・・

赤ちゃんの話から 分娩の話
最後に 結婚のなれそめの話になったのですが
そのあたりから 話が妙なことに・・・

お見合い結婚で 長崎に嫁いだそうなのですが
あまり うまくいっていない様子

一番の原因は 地域性の問題とか??

「九州の男性と結婚するのは やめた方がいい」 と
しきりに言われました~ (苦笑)

彼女曰く・・・
九州は 40~50年前の日本だとか

男性側の力が強くて
女性側は 従うのが当然とされ
結婚以降 彼女ら家族の意向は ほとんど聞き入れられない状況とか

右を向けと言われれば 右
左を向けと言われれば 左

嫁ぎ先では お母さんも 妹さんも そんな風らしく
彼女も 今は逆らわず そうしていると言っていましたが
相当に ストレスが溜まっている様子でした

赤ちゃんが生まれたばかりだというのに
ため息が出そうな母子の様子に
こちらも かける言葉がありませんでした

お見合いから 結婚まで
短期間の スピード結婚だったそうですが
「こんなハズじゃなかった」 というところでしょうか

私も 何かにつけて 猪突猛進で
ある人に言わせれば・・・ 
「いつも 最短距離を行く」 タイプですが
やはり 一生の問題ともなれば 慎重になるべきなのでしょうね

でも 最近 ちょっとだけ(?)
勢いだけで 飛び出さず
左右を良く見て 前に進むことが できるようになった私です (笑)
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2012-11-09 12:42

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧