Tamaki's Message

<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧




成長

d0230563_12244315.jpg

出張から帰ってきたと思ったら・・・
広島は いきなりの積雪
ビックリです!

さて 今回の出張
私の役目は どちらかと言えば 「保護者」役でした

若手社員を 前面に立て
昨年の活動を 自分が作成した資料を使い
自分自身の言葉で 説明させました

約8ヶ月前とは 別人のよう・・・

よどみなく 堂々と
説得力のある言葉で 説明していました

彼も もう立派な担当者であり
我が社の「顔」となったようです

もう心配して 私が付き添う必要もなさそうです

客先訪問後は さらに注意・アドバイスは与えましたが
それは あくまでも+α
ダメ出しとは ちょっと違います

本人の努力はもちろんですが
私自身にも ちょっとは「育てた」という自負があり
頼もしく 嬉しい気分を実感できた 今回の出張でした

また 自分の上司としての役割
・出張のチャンスを作ってあげる
・お客さんとの橋渡しをしてあげる
・モチベーションを高めてあげる
などを あらためて実感した出張でもありました

今後も そんな役割が果たせるよう
私なりの「力」を蓄えたいと思います
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-28 12:30

東京出張

d0230563_12461249.jpg

明日から 東京出張です

これは 前回の時の写真。。。

いつかの2週間禁酒の際 ハマッてしまった
ノンアルコール飲料

美味しいと言う意味ではなく
アルコールが飲めない(飲んではいけない)時に 私を幸せにしてくれます!

「ウソでしょ~」 と言われるけど
なぜか 酔える! (笑)

前回の出張では
駅チカのMarioで 「ナシゴレン」 のランチboxを買い
「のんある気分」 でほろ酔い加減になった私でしたV

さてさて 今回は どんな出張になるのかな~?


そんな訳で・・・
次回のブログ更新は 週明けの予定です!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-23 21:39

出産祝い

d0230563_1225342.jpg

・・・と言っても
子供さんは もう2歳になってしまったのですが。。。

お客さんでもあり 個人的にも仲のいい女性に子供ができ
産休~育休と そのまま会えず 早や2年

今週末 久しぶりに再会することになり
会社の仲間と 一緒にお祝いをすることになりました

出産祝いを選ぶって とっても悩ましいですが
子持ちの仲間からのアイデアで ベビーシューズにしようかと

子供のいない私のことですから 事情もわからず
やみくもにデパートでに出かけ お洒落っぽいお店で
お洒落っぽいシューズは見つけたものの
目指すサイズが品切れ

どうしようかと散々悩み ネット検索したところ
このシューズが なかなか人気らしいという情報をGET!
(商品名: ナイキ 「ダイナモフリー」)

路線変更して スニーカーになりました~

今日になって わかったことですが
同僚の子供さんも このスニーカーを長年愛用しているとか

「さすが~!」 と誉められちゃいましたV

とりわけデリケートな 子供のことですし
見た目よりも 履き心地が大事ですよね?

自分の立場で考えるのではなく 相手の立場で考えることが
どんな場合も 大事だということ

あらためて 勉強した気がしました
 
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-23 12:34

雪国

d0230563_12494634.jpg

4年前のお正月休み
母と一緒に旅行した 山形県 銀山温泉

東北の名所は どこも風情がありますが
特にここは 別格で 今でも忘れられない名所です

d0230563_1247226.jpg

銀山温泉は NHKドラマ「おしん」の舞台としても有名ですが
写真のこの旅館は 
宮崎駿の「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとも 言われています
d0230563_12503373.jpg

厳粛で荘厳で 圧倒されるたたずまい
豪雪の中では なおさらですね

こうして 毎年 行ってみたかった地を訪れることができる
それって とても幸せなことだと思います

そして 素晴らしい場所を訪れる度に思うのは・・・
一緒に来れなかった 大切な人のこと

次は 是非 その人を連れてきてあげたい
そんな風に思うのです

私の好きな 冬の東北
またいつか 訪れてみたいと思います。。。
 
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-21 12:54

2つの魂

d0230563_20422657.jpg

傷つき 孤独だった 2つの魂が
ある日 出逢った

その日から
不幸や 寂しさとは 無縁になった

心からの笑顔と 穏やかさに満ちた 毎日となった

2人とも 別々に生きていれば 
決して幸せには 暮らしていけなかっただろうに・・・

2つの魂が出逢い 共に生きていくということ
その不思議な力について あらためてじ~んとなった

私の友人が 近く結婚することになった
あらためて思い とても感慨深い。。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-20 20:45

格闘中!?

d0230563_1227869.jpg

ここ2~3日 ビジネス文書の英訳依頼が続いており
格闘中です!!

一般的な英文翻訳であれば さほど困りませんが
やはり 法律や契約がからむような内容になると
慎重にならざるを得ません

ビジネスの世界では その分野の用語を
正しく把握しているか否かが 大きなカギになります

用語がわかっていないと ビジネス文書は扱えません

アルクやGoogle検索も ある程度は参考になりますが
実際には どういう単語/用法が一般的なのかは
普段からそれに接していないと なかなか難しいものです

会社には 英語のできる人は多いですが
本当の意味で ビジネス文書を扱える人は少ない

そんなスキルも 身につけていかねばならない立場になったのかな~
そんなことを考えながら 悪戦苦闘しています!?
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-18 12:33

外見

d0230563_12522585.jpg

自分で言うのも なんですが・・・
私は 実年齢に見られることが ほとんどない

だいたいいつも 5~10歳は 若く見られる

初対面の人に 実年齢を言うと
大抵の場合 「ウッソー!!」 っとビックリされる

結婚してないし 子供もいないし
生活の苦労がないせいも 大きいが・・・
それでもやはり 努力はしている

いつも 自分らしく
魅力的に 輝いていたいと 頑張っている

登山や自転車など アウトドアスポーツは
体を引き締め 健康的に 若々しくしてくれる

常に多くの人と接し 会話し 笑顔でいることは
心を活性化させてくれ 優しい気持ちを育んでくれる

でも やっぱり一番心掛けているのは
太らないこと プロポーションを保つこと
そして 女性として 魅力的な身だしなみを心掛けること

過去の自分の経験からも
人は まず体型が崩れると 踏ん張りがきかなくなり
自分の外見に 無頓着になる

そこから大抵 負の連鎖が始まる

逆に 体型が美しく
人にも誉められ 自分自身も自信を持っている人は
どんどん 魅力的になっていく

だからそこが 運命の分かれ目なのである。。。

美しいとか 魅力的というのは
「誰かと比べて」 という意味ではない

その人が その人として
素敵に見え 輝いて見えれば それでいいのである

常に 魅力的でありたいと 
意識して 頑張っている姿が
もしかしたら 人の目には 魅力的と映るのかも知れない

魅力的でありたいという 動機は・・・
もちろん 自分自身のためが 一番かも知れないが
引いては パートナーのため 家族のため 友人のため 会社のためでもある

残念なことだが
人は人を 外見で判断しがちだ

もちろん 外見が全てではないことは 当然であるが
見た目が素敵であれば 無条件に得をする

人に好印象を与え お客さんにも好かれやすい

モデルや 芸能人のように 素敵になる必要はない
清潔感があり 好印象を持たれるような
そんな外見を 心掛ければいい

もしかしたら 自分の努力が
誰かを幸せな気持ちに させるかも知れないと思って。。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-17 12:59

常識?非常識?

d0230563_1215251.jpg

先日 両親と 常識か非常識かで
意見がぶつかる場面がありました

50年近く 一緒に暮らしていても
やはり 世代の違いからか
相互の「常識認識」はズレていたみたい。。。

私自身 よく若い人達に
「それって常識だと思うよ!」 と注意することがあります

そんなとき 注意した相手に キョトンとされるか
もしくは 猛烈な反発を受けるのが常です

同じ立場になって 初めてわかったこと・・・

それを常識だと思っていない人間(世代)
その感覚を持ち合わせていない人間(世代)にとっては
それは 決して 「常識」 ではないのです

だから 理解もできないし
責められたことに 反発も感じる

じゃ どうしたらいいのか?

解決策は簡単でした!

「常識だから」 でアプローチするのではなく
「こうしてもらった方が(こうしないでもらった方が) 嬉しいから/気持ちいいから」 と
自分自身の想いを伝えればいい

そうであれば 言われた側も
相手の言い分を 素直に受け止めることもできるし
理屈は納得できなくても 相手のために そうしてあげようと思える

「自分の常識は 決して 相手にとっての常識ではない」

立場が変わって 初めて気づくことができました~
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-16 12:22

登山教室 雪山編①

この週末は 登山教室で
島根県の三瓶山へ 行ってきました~

登山教室も 残すところ あと2回となりましたが
この時期は やはり雪山登山がテーマになります

今回は・・・
雪を溶かして水を作ったり
雪上にテントを張ったり
また 初めての体験をしました

雪山で履くのは コレ!
d0230563_12203119.jpg

ワカンといいます
昔の呼び方では 「かんじき」ですかね

最近は スノーシューがブームですが
スノーシューは 平地には強いですが 傾斜に弱いため
登山では やはりワカンが万能です

三瓶山は 実は初めてだったのですが
縦走ルートが さながらアルプスのようで
ちょっとテンションが 上がりました!
d0230563_12205983.jpg

今回の訓練・・・
もっと雪が多いことを想定し ラッセルの訓練も兼ねていたのですが
想定外に雪量が少なく 多いところでも30cm程度

でも お陰で
良いお天気の下 冷たい空気を浴びながら
気持ち良い スノートレッキングを満喫しました!

いつか 八ヶ岳、白馬あたりを
スノーシューで トレッキングしたいな~と思いました

寒いのは嫌いだけど 雪山は 大好きですV

来月は 大山の予定です
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-15 12:24 |

再会×再会×再会

d0230563_1253337.jpg

昨年末に 30年ぶりに
YMCAの仲間と 同窓会をやったことは ブログにも書いたとおりですが・・・

その後も 〇〇年ぶりの再会 が頻発です!

前々回 東京の客先を訪問した際
オフィスに 見覚えのある女性が・・・

若く見えるし 私に反応しないし
きっと 他人の空似だろうと 思っていたところ・・・

前回の出張の際 彼女が 「?!」 と反応
2~3言 声を交わした後 「やっぱり~!!」

そう 短大時代の同級生だったのです!
同級生100人しかいない短大で 
しかも 同級生は4~5人しかいなかった 点字同好会のメンバー

2人もビックリでしたが 
その場にいた お客さん達も 席から立ち上がるほど ビックリ!

次回 東京出張の際は
是非 ゆっくりおしゃべりしましょう~と 別れたのでした。。。


そして 昨日は・・・

近所の医院の受付で 「Tamakiさん!」 と声をかけられ
目をやると 声の主は 受付の女性!

なんと~
前の会社で 仲の良かった 後輩の女性でした~
こちらも 20年ぶりくらいでしょうか

結婚して 旦那さんの転勤で 東京に行っていたハズですが
また転勤で 広島に帰ってきたとのこと

製薬会社勤務だった彼女は どうやら医療事務の資格を取ったようです
優しくて 爽やかな彼女
向いてるな~と思いました

彼女とも 連絡先を交換し
近いうちに ランチでも! という話になっています


こうして 私の期待通り(?) 
ハプニング続きの日々が 繰り広げられようとしています (笑)
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-01-11 12:58

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧