人気ブログランキング |

Tamaki's Message

<   2013年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧




OB会

d0230563_12354867.jpg

この週末は 前の会社のOB会で
丸2日間が終りました。。。

退職したのは15年前ですが
私が入社した数年後に辞められた先輩方が大半だったので
25年ぶりくらいの方々も

外見的な変化があるのは当然ですが
それでも顔を見れば すぐに名前が出てくる
なかなか名前が思い出せない同級生とは やっぱり違いました!

土曜日は13時から
市内の高級会員制のクラブで フレンチのコース

2次会は 同じ施設内のラウンジで・・・
3次会は 昔馴染みのママさんのスナック
4次会は ねぎラーメン!(笑)

帰宅は ほぼ深夜となりました~
そんなに飲んだつもりはなかったけど
さすがに 疲れて眠かった~ (苦笑)

翌日の日曜日は 急遽 呉の観光案内に同行
「大和ミュージアム」と「てつのくじら館」を見学後
お昼は お好み焼きのランチ

みんなもちょっと 疲れてた様子。。。

だって このOB会のために
遠くは仙台から そしてわざわざ東京から
この日のために 広島まで駆けつけて来られたんですよ~

20~30年の歳月の違和感なく
まるで 一緒に仕事していた日から 今日につながっているような不思議な感覚
つながりが濃厚(?)だったせいでしょうかね~(笑)

でもその一方で 間違いなく自分の生きている世界は
今は別のところにあるという実感

過去の時計の針は 止まったままだけど
今の時計の針は 刻々と進んでいる

もちろん その時その時 一生懸命だったけど
今は 今を一生懸命生きること

人生 結局はそういうこと・・・
それが一番大事なことなのよね~

・・・とそんなことを改めて感じた2日間でした



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-30 12:44

上司って何?

d0230563_12364152.png

上司 = 偉い人

社会人になって以来 それが私にとっての
「上司」 の定義だった

ただし 「偉い」 はいろんな意味に取れる
プラスの意味にも マイナスの意味にも (苦笑)

けれど 今の会社に入って
私の中で 「上司」の定義は
少しずつ変化し始めた

「上司」 は必ずしも 「偉い人」 ではない
もちろん いい意味である (笑)

「上司」 とは 身近な存在で
部下を助けてくれる人
部下を支えてくれる人

そんな定義が 少しずつ 私の中に出来上がっていった

「部下がいてこその上司」 「部下のために上司はいる」
そう教えてくれた人もいた

今の私は 「上司」という役割の下にいる

上司の役割は いろいろあるが
部下に対してなすべきことは 一つだけ

元気に夢を持って働ける環境を整備する

上司とは・・・
それが実行できる権限を与えられた「役割」なのだ
私は そう認識している

1年先も その先もずっと
上司という役割を担い続ける限り このことだけは忘れないでいたい



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-26 12:39

10倍返し?

半沢直樹ではありませんよ(笑)
今回の旅 私にとっては そんな親孝行の旅となりました

お天気さえ良ければいい

それくらい 多くを望まない気持ちで出発しましたが
終ってみれば 当初の予定より10倍くらい
母に普段の恩返しが出来た旅になったな~と
我ながら感慨ひとしおです

いつも狭い世界にこもっている母に
大自然の本当の雄大さを見せてあげたい
私がいつも感動している アルプスの山々を見せてあげたい

立山なら高齢者でもバスで行ける・・・
それが今回の旅の発端でした

でもまさか・・・
本物のアルプストレッキングの体験をさせてあげられるとまでは
思ってもみませんでした
d0230563_192084.jpg
この写真 昨日の写真と同じアングルですが
この道を 78歳の母が登ってきたって信じられます?
私は 信じられません!(笑)

この眺めなんです
私が見せてあげたかったのは!
稜線を歩いてこその醍醐味です

連なる山々の美しさ
左右に広がる アルプスの雄大な見晴らし
刻々と変わる雲の流れと山の姿
そして 神秘的な雲海

母も初めて
どうして私がアルプスに行くのか
同じ気持ちでわかったのではないかと思います

「これが最初で最後かも知れないけど
 素晴らしいね~! 素晴らしいね~!」

「この美しい眺めを目に焼き付けて帰るよ」

そう連発していました

一生に1度は・・・
その私の願いは 思いがけず叶いました

インドの痛い経験から 決して無理させまいと
心に誓っていましたから
母の様子を見ながら 慎重に慎重に歩かせました

登りでは後で補助し 下りでは先導し
何度も何度も 休憩を取り ゆっくり歩き
キケンの少ない歩き方を あれこれアドバイスし
時には 母のザックも私が背負い
水分・栄養補給や 体温調整もコントロールし

私の山の経験と知識が こんな形で役に立とうとは・・・
それがなければ 実現しないことだったかも知れません


その他、今回の旅のパーフェクトだったことは
あげればきりがない感じです

ちなみに 今回の旅はこんな感じ・・・

9/21(土)
6:00 広島発(新幹線~特急サンダーバード)
11:00 富山着
12:00 立山山麓着、昼食(郷土料理)
14:00 立山博物館~歴史エリア散策(※立山と歴史のお勉強)
18:00 宿へ

<良かった点>
・宿の食事が母の口に合っていた。
・温泉が ぬるぬるの「美肌の湯」だった
・郷土料理や山菜料理を満喫できた

d0230563_19284494.jpg

9/22(日)
8:00 立山駅発(ケーブル~バス)
9:00 室堂着

室堂山展望台まで登る
・通常往復1.5時間コース、でも私達は昼食も含み4時間??
・ここから、槍ヶ岳、穂高連邦など北アルプスの主峰が展望できた (標高 約2700m)
d0230563_19245190.jpg
室堂散策
・2時間程度?
・地獄谷はガスのため、立入り禁止

d0230563_1926656.jpg
16:00 室堂発
17:00 立山駅着
18:00 宿へ

9/22(月)
その予定ではなかったのですが、母の希望で再び立山へ・・・

7:00 立山駅発(ケーブル~バス)
8:00 室堂着

室堂~一ノ越まで登る
・一ノ越~立山(雄山)山頂の行程はキケンなため、当初から予定せず
・母に稜線歩きを体験させてあげたくなり、もう少し足を伸ばすことにする

d0230563_19523972.jpg
   左側が立山(雄山)、真ん中のくぼんでいるところが一ノ越、右側が浄土山

一ノ越~浄土山の稜線歩き&登山
・ここは観光客は歩かない本格的登山ルートだが、キケンは少なく歩きやすい
・最初の写真は下山の途中、昼食時に撮った写真 (標高 約2800m地点)


14:00 室堂発
15:00 立山駅
18:00 富山駅発(特急+新幹線)
23:00 広島着

<良かった点>
・3日ともお天気が良かった
・少し早かったけど、立山の紅葉が見れた
・山の天気は変わりやすいのに、ここぞというタイミングでは必ず雲が晴れたV

d0230563_19353112.jpg

以上 記念すべき旅のご報告でした!



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-25 19:59

サイコー!

d0230563_12373578.jpg

行ってきました~ 立山!!

なにもかもが パーフェクトで
サイコーでした!

一番嬉しかったことは
また 次回のブログで紹介するとして・・・

二番目に嬉しかったことは
ナント 登山ができたこと!

今回は ほんの旅行の予定でしたが
がっつり アルプスを満喫してきました

今年 最初で最後(?)のアルプスとなりましたが
満足でした!!!

普段 登山中にビールは飲まないのですが
今回は ちょっと特別!?

サイコーの景色を見ながら
お弁当に ビール

景色は 本当はタダだけど・・・
お金を払ったからって 見れるものではない

登った人にだけ 与えられるご褒美
それが 山の素晴らしさです!

母との旅行の詳細については また次回ご報告したいと思いますV



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-24 12:44

気持ちいいね

d0230563_12391626.jpg

先週 東京から届いた写真・・・
ここは日比谷公園あたりかしらん??

日中は まだちょっと暑いけど
気持ちのいい季節になりましたね~

夜も涼しくて 良く眠れます!

さて・・・
本当なら 先週末に行くはずだった立山(富山県)
雨&台風で 急遽予定変更し
今週末行ってきます

今のところ 3日とも晴れの予報ですV

当初予定していたホテルが取れず
母に体験させてあげたかった
室堂(2500m)での宿泊はかなわなくなりましたが
まあ お天気が一番!

久しぶりに連れ出して
リフレッシュしてもらいます

登山はできないけれど
私にとっても 今年最初で最後の(?)遠征
楽しみです!

では 明日から行ってきま~す!



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-20 12:43

ワクワク

d0230563_12444749.jpg

3連休+有休1日=4連休が終り
昨日から 仕事に復帰しました

久しぶりの仕事で 「ダルイかな?」 と思っていましたが
出勤2日目にして またスイッチが入ってしまい
とってもワクワク気分です!

ワクワクの理由は・・・
新しいことへのチャレンジ(挑戦)です!

最近の自分の大きな変化
それは・・・
考え方や行動が 「守り」 から 「攻め」 に変わったこと

以前だったら
イヤイヤやっていたことや 仕方なくやっていたことを
今は楽しんでやっています

そうなれた理由は 多分2つ
・時間的にゆとりが出来たこと
・自分のプランを即実行できる権限を持てていること

どちらも7月以降の 私の立場・環境変化によるものです

そして キーワードは・・・
「ダメもとで!」

そう思えば 何だってチャレンジできちゃいます

昨日は1つ 新たな扉の鍵を手に入れ
今朝も1つ 「ダメもと」のアクションが成功し
さらに次々 あらたなチャレンジに着手しています

でも 一番不可欠なのは 周囲の協力!
自分ひとりの力で 達成できることは少ないです

協力者・理解者が得られること
コミュニケーションをしっかり取って
同じ目標に向かって進める 仲間がいること

それが大事だと思います

やれば出来るかも?
プレッシャーに感じるのではなく ワクワクすることで
一歩が踏み出せている気がしますV



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-19 12:49

50歳

d0230563_12332294.jpg

昨日 50歳の誕生日を迎えました

いつもなら
「〇〇歳になっちゃった~ でも全然若いでしょ!」
なんて 余裕かましていましたが・・・

今年は違う 全然違う 感覚が。。。

別に1日で 一気に年を取ったわけではありませんが
何と言うか・・・

越えてはいけない「境界線」を越えてしまった感じ?
向こうの世界の人になってしまった感じ?

間違いなく人生の折り返しであり
「若さ」をウリにはできない世代に突入です

もしかしたら 人生初めて
はしゃがなかったお誕生日だったかも??(苦笑)

でもそれよりも・・・これからは
「50のオバサンなんだから もうちょっとしっかりしなさい!」
と母から毎日 檄が飛んできそうです (汗)



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-18 12:36

ドイツビール

d0230563_12383392.jpg

行ってきました ビアフェスタ!

誰も誘ってくれないし(?) チャンスもなさそうだったので
ほとんど あきらめていたのですが
声をかけてくれた友人と 急遽行ってきました~

やっぱ 違うね~!
美味しいし なんと言っても雰囲気が最高!

友人曰く・・・
「ここにいる人 全員のん兵衛なんじゃねぇ~!」 とテンション高く
「そこかい!?」 と私 (笑)

同席したお隣さんは 知らない人ばかりだけど
何かにつけて 「乾杯~!」
あり得ないノリでした。。。

大好きなヴィツェンばかり 3杯飲んだら
めちゃくちゃ酔っ払ってしまいました
(ちなみに 手前の2つのビールは 両方とも私の分!)

同じヴァイツェンでも それぞれに味が違って
飲み比べも楽しいけど やっぱ瓶のビールとはフレッシュさが違う!

このイベント 毎年やってくれないかな~
切実に願う 私です・・・


さて ドイツビールとの初めての出逢いは4年前・・・
本場ドイツでした

最初のビールは ピルスナー
d0230563_225686.jpg
あっさり爽やか 私にはちょっとインパクトが弱かったかな~


初めて飲んだヴァイツェン (左側)
d0230563_2311290.jpg
このビール 何??
今まで飲んだことのなかったビール
それ以来 すっかり虜(とりこ)になってしまいました・・・


そして ディナーでももちろん(?)ヴァイツェン
d0230563_22575427.jpg

ヴァイツェンは 甘いとか表現されるけど
決してそういう味ではないと 私は思います
なんせ 辛口好きの私でもハマッたのですから(笑)

和製ビールに慣れている日本人には ちょっとカルチャーショックな味ですね

まったりして 味わいがある?
重くはないけど 味わいがある?
そんな感じでしょうか・・・

いつかまた 本場ドイツを旅してみるのも 悪くないですね~V



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-13 18:16

当たり前の不思議

d0230563_11214065.jpg

1年くらい前だったでしょうか
朝カフェで 行きかう人の流れを見ながら思ったこと。。。

世の中には たくさんの人がいる
私達は 毎日たくさんの人達と行き違っている
でも みんな知らない人

たしかに 人はたくさんいるけれど
話したこともなければ 知り合いでもない

その存在って 自分との関係って いったい何なんだろう?? 

何とも 奇妙な考えにとらわれました

世の中には これだけたくさんの人がいるのに
私達が 人生の中で 「出逢い」 「付き合い」 を持つのは
ごくごく限られた人達

その確率は 0.000...パーセント??

そう考えると
身内を除けば 人との出逢いって 「奇跡」と言えるかも知れない

自ら選んだ訳ではなく
私達は 「環境」 によって 人と出逢う

そうして その範囲の中で
無二の友ができ 伴侶を得る

もしかして・・・
世の中すべての人と 対話してみたら
とんでもなく 魅力的な人たちと 無限に出逢えたりするのかも??

当たり前の流れに あえて逆らって
知らない人に いきなり声をかけてみたら?

ナンパって 意外に
人生にチャレンジしている行為なのかも??

なぜか いきなりそんなアレコレが
頭の中に降りてきた ある日の朝でした

なんだか 急に思い出して この記事を書きたくなりました

もちろん その後
見知らぬ人に 声かけやナンパはしてませんけどね! (笑)



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-12 12:14

サプライズ

d0230563_1219969.jpg

まだ その日までは1週間あるのですが・・・

昨日 思いがけない人から
思いがけないプレゼントをもらいました!

あまりに 思いがけなかったので
正直 ビックリするとともに
とっても嬉しかったデス

まあ いつも自分がしていることが
まとめて返ってきただけのことなのですが
その気持ちが 嬉しかったデス

「結局は同じことでも プレゼントって
 もらった瞬間 すごく幸せな気持ちになるから
 やっぱり 「あげる」 っていいことよね」

・・・と母の言葉

母の手作りコロッケも美味しかったし
白ワインをついつい飲みすぎてしまった 昨夜の夕食でした~ (苦笑)



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2013-09-11 12:26

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧