Tamaki's Message

<   2014年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧




老いのお話① 『額のしわ』

d0230563_12235820.jpg

「ウソ~! 実年齢には見えない~!」

そんな風に言ってもらえた 嬉しい時代もあったけれど・・・
さすがに50歳を超えたあたりから 老化の波が押し寄せています

さまざまな老化現象と 格闘の日々! (苦笑)

自らの 涙ぐましい(?)努力のご紹介と
そうならないための予防策などを 綴ってみようかと思っています

【額のしわ】
目下 毎日格闘しているのは 『額のしわ』 取り

1年半くらい前から 目立つようになりましたが
周りの声を無視して(?) 放置した結果・・・
深い横じわが(1~2本) 額から消えなくなってしまいました

とにかくショックだったのは ある日 自分の写真を見たとき
まあ見苦しいというか 老けて見えるというか。。。

遅ればせながら ここ1~2ヶ月
改善に向けて 全力で(?)取り組んでいます

ここまで深くなってしまうと 簡単には取れないみたいですが
美容治療とか 高価な器具とかに 頼る気はないので
もっぱらアナログな方法で・・・

【しわ取り方法】
アプローチは2つです
①お肌にハリを与えて しわを伸ばすようにする
②額にしわを寄せないように 心掛ける

具体的には・・・

・洗顔後や朝は、たっぷりの化粧水、美容液、保湿クリームをつけまくる!
・納豆や味噌汁、マッコリ(?)など、発酵食品を多く摂取する

・頻繁に額や頭皮をマッサージして、額のしわを伸ばす
・洗髪はかがみこまず、上向きで行う
・テレビを見ながら、額にコロコロローラーを当てる
・常に鏡を見て、しわを寄せていないか&寄っていないかチェックする

・額の筋肉をできるだけ動かさないようにする
・額をできるだけリラックスした状態にする

【しわができる原因】
額にしわができる理由は もちろん老化はあるでしょうが
額の筋肉の動かし方に原因があるようです!

目の開閉を 額の筋肉を使って行っている人は
その強い上下運動が頻繁だと 固着して『額のしわ』になってしまうようです

私の場合 PC作業で
画面の上下を繰り返し見比べる作業を 1年近く継続していたこと
それが原因だった気がしています

今は 目も薄くなっているので
焦点を合わせようと 余計に目の周りの筋肉を使っている気もします

目の激しい上下運動や 目の周りの筋肉に力を入れること
上目使いや しかめっ面は 間違いなく 額のしわを深くします

なので今は できるだけ目の力を抜いて
目から額の筋肉を リラックスさせるように心掛けています
そして 上目使いは厳禁!

私の目線がミョ~なときは このせいだと思ってください
それから くれぐれも私に上から話しかけないように?
見上げなければなりませんので!? (苦笑)

私は 大丈夫! と思っているアナタ
表情によって よく額にしわができるようなら アナタも予備軍です!
そのしわが 固着する前に 改善しましょう~

【簡単チェック】
額に手のひらを置いて 目を開閉してください
そのとき 額(眉)の筋肉が動いているなら アナタは額の筋肉で目を開閉しています

額に手のひらを置いたまま 額(眉)の筋肉が動かないように
目を開閉してみてください
その開閉の仕方だと 額にしわは出来ませんよ!

ちなみにコレは 私が考えたことではなく
「額のしわ」で検索すると 大抵の記事に書かれていることです

心配な方は 是非チェックを!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-30 12:40

節酒

d0230563_1232286.jpg

数日前から 『節酒』 にチャレンジしています

飲む量は決して多くはないので
それ自体に問題を感じているわけではないのですが
毎晩(休みの日は昼食時も?) 飲むので それなりの弊害が・・・

当然ですが 飲むと体がダルくなり 動くのが面倒になります
眠くもなりますし やるべきことをしない ということも多々起こります
つまり 生活がいい加減になる傾向にあります。。。

ということで 生活改善のために 始めることにしたわけです

ちなみに・・・
「のん兵衛」 で通っていますが 依存症ではありません
止めろと言われれば すぐにでも止められます

ただ止めたら 人生が楽しくなくなるだけです
食事が美味しくなくなるだけです

これまで体調理由などで 飲むのを止めた時期がありましたが
「飲まないと 会話がはずまない!」 と 普段は私の飲酒を好まない母でさえ
禁酒は止めたくらいです (笑)

話は戻り・・・
毎日の晩酌を楽しみに 1日を頑張っているような自分なので
その楽しみは続けますが 量を減らしてみようと思っています

ビールであれば 缶ビール1本以内
お酒かワインなら グラス1~2杯
(※特にお酒とワインは つまみがある限り飲んでしまうのでキケン!)

もちろん すぐ寝ちゃってもいい日や 特別な日は「例外」としますけど
まずは そのメリハリをつけてみようと思います

酒代も節約できて いいかもデス!? (笑)
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-28 12:40

4日分の週末??

ご紹介したように
生活態度を変えるべく 心を入れ替えたため(?)
この週末は いつもとは全く違った週末となりました~

何が違ったかと言うと・・・
毎朝の早起き 活動内容とその量?

丸2日 フルに活動したので
今週末は4日分くらい働いた気分でした~

特筆すべきは・・・

【土曜日】
なんと! 昼食用に手作りコロッケ作成~!
d0230563_12402983.jpg
自慢できる話ではありませんが・・・普段は料理は全くしない私です。。。

【日曜日】
7時に自宅を出て 町内の「日浦山」へ
運動不足解消と 母の連れ出しが目的でした

中腹の絶景ポイントで 朝御飯のサンドイッチを食べ
9時過ぎには山頂に着き お昼前には帰宅しました

眺望は霞んでイマイチでしたが この季節は最高に気持いいです!
d0230563_12405189.jpg

いつもなら 登山なんてしたら それでバタンQ~
1日が終りですが 昨日は午後も なんだかんだと用事をして
夜まで目一杯活動しました~

きっと 普通の人には 当たり前のことばかり・・・
やっと自分の未熟さや甘えが 自覚できてきた気がしています。。。
 
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-27 12:52

新しい時間の使い方

d0230563_10455727.jpg

これも 先の記事とセットのお話・・・

今週 時間の使い方について 自分の視点を変えてみました

そうしたら・・・
気持ちに余裕は出るし ちゃんと周りが見えるし バタバタしないし
もちろん 時間も有効に使える!

またちょっと 自己成長できた気がしています (笑)

没頭し過ぎて 視野が狭くなる傾向がある自分は
『物事基準』 で考えると それしか目に入らなくなり
全体を見渡す力が低下します

なので今週 『時間基準』 で行動してみたところ
のめり込み過ぎることなく 疲れ過ぎることなく
周りへの配慮も欠落することなく 1週間を過ごせた気がします

つまり・・・
「これをする!」 「これが終わるまでやる!」 ではなくて
「この時間の間で できることやる!」 「この時間の間 何ができるか?」
そんな行動パターンに変えてみました

たったそれだけのことなのに 私にとっては
精神的にも 道理的にも 大きな効果があったようです

さて 今週末・・・
家の中でも 同じ気持ちで行動してみようと考えています

つまり 「これをする!」 ではなくて
「今日 自分に許された時間を どう過ごすか? 何ができるか?」

これまでは 「これをする!」 「これやらなきゃ!」
そう思えないと 行動もできませんでしたし ストレスでもありましたが
「どう過ごすか?」 って考えれば
やるべきことも やりたいことも 次々あるもんですね! (笑)

これからの余生(?) 時間の使い方が やっと上手になれるかも??

しばらくは 訓練が必要ですけど 頑張りたいと思いますV
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-25 10:53

エンジンを切らない

d0230563_9334783.jpg

車の話でも もちろん自転車の話しでもありません!?
でも 理屈は似ています?

ただいま 自己改革に取り組み中!
いろいろテーマがありますが その中でも これは生活面でのお話。。。

昔から自分は ON/OFFの切り替えが 極端だった気がします

「ONは仕事 OFFはプライベート」
そういうメリハリの話ではなく・・・
エンジンがONかOFFか つまり動くか動かないか

外ではかなり 活動的なイメージがあると思いますが
家では 恥ずかしいくらいに 『ぐうたら』 な私

最近 それについて考えてみるに
ON/OFFの切り替えが 極端すぎるせいでは? と思い至りました

もちろん 疲れていたり体調不良だったりするときに
全面OFFにするのはアリですが
それ以外では 平日も休日も 家にいるからといって
『エンジンを切らない』 ことがポイントと思うに至りました

いつも言うように 主婦や親なら いつもONでないと 務まらないですよね!
独り身ゆえの 甘えだった気がします

先週 先々週と 2週連続 週末は旅行でした
それなりに疲れはしましたが 有意義でしたし よく動きました

家だと 何をするのもダルくて面倒に感じるのに
外だとどうして 体が軽く 次々動けるのか?

つまりは エンジンがずっとかかった状態だから?
ON/OFFを切り替えていないから?
海を見ながら そんなことを考えました (笑)

車でも自転車でも 休止状態から動き出すには 大きなエネルギーが必要です
人間だって同じこと?
完全停止してしまうと 体がとっても重くなります

そんなわけで 今週1週間は 『OFFにならない自分』 で過ごしてきました
そしてもちろん この週末も!

今日はお休みですが 平日と同じ時間に起床して 活動を開始していますV
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-25 09:42

自分は正しくないのでは?

d0230563_12323626.jpg

昨日の話の続きです・・・

「自分は絶対に正しい!」 そう思う傾向が強い人は
「自分は正しくないのでは?」 その都度 自分を振り返ってみたらどうだろうか?

自分に自信がない人は 常にそう考えてしまうのかも知れないことを
あえて意識してみると 暴走を止める よいストッパーになるかも知れない

そんなことを考えながら
でも・・・ そもそも 『正しい』 とか 『正しくない』 って何??

それは本人の意思だったり 理想だったり 何らかの判断基準だったりする
人が変われば その判断基準は変わるから 『正しい』 ってない??

もちろん 道徳や常識やマナーやルール そんなモノもあるけれど
それとて 国や文化や世代など 環境や事情が違えば 前提は変わる

つまりは ポイントは 『正しい』 とか 『正しくない』 とかではない!?

自分を強く持てば持つほど 自分基準が強くなる
いろんなこだわりが強くなって 自己主張が強くなる

当たり前の結論だけど 結局はそういうことなのだと思う

じゃ どう考えたらいいのか?

自分なりに もう答えは出た気がしている
少し難しそうだけど チャレンジしてみようと思う
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-24 12:45

絶対に自分が正しい

d0230563_12424555.jpg

そう思っている人には 口で言ってもわからない
相手は頑固だし その自覚もない

では 「それは正しくない」 ということは
どうしたらわかってもらえるのか?

それは・・・
自ら失敗を体験し 痛い思いをして
自分が間違っていたことを自覚し 反省して心を入れ替えるのを待つしかない

時間はかかるかも知れないが 確実で一番効果的

いくら口で説得しようとしても 止めようとしても 火に油を注ぐだけ
余計に反発して 言うことは聞かない

それは 親子の関係にも似ている
親は 結果がわかっているから 安全な方向にコントロールしようとするが
子供はそれに反発し 自分の「意志」を通そうとする

失敗をするかもしれない ケガをするかも知れない 恥もかくかもしれない

でもそれくらい 痛い思いをしないと わからないし
納得はできないのだから 仕方ない

家庭でも 会社でも プライベートでも
プロセスは似ていると思う

もしかしたら 止めるよりも
やりたいようにやらせて 失敗して 自ら気づくことで自己変化を促す
それが道理なのかも知れない

助言はするけれど コントロールしようとはしない
本人の意思に任せる
失敗して過ちに気づいたら それを責め立てることなく 迎え入れてあげる

自分自身 そんな包容力が持てたらいいなぁと思います。。。

鼻をヘシ折られた本人は・・・
間違いなく 自分を省みるようになり 少しずつ学んでいくと思います
時間はかかるけど 間違いないです

「自分は絶対正しい」 という考え方から脱することも 同時に必要ですが
それを自信に 原動力として生きてきた人間にとっては
なかなか時間がかかる課題となりそうです。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-23 12:49

疲れてくると・・・

d0230563_1243778.jpg

不機嫌になるようです!

誰でもそうでしょ!
えっ? 私だけ??

人を不愉快にさせる自分の弱点を 最近いろいろ分析しています
あらためて いろんなことに気づかされます

どうやら 体力的 精神的に余裕がなくなると
爆発しやすくなるようです

体力がないのか 忍耐力がないのか 精神力がないのか
多分・・・ 全部??

そこを直そうと思っても なかなか難しいので
疲れない方法を考えました

それは・・・

目一杯やらないこと!

自分は子供みたいなところがあって(?)
後先のことを考えず ついついフルで
体力も時間も使い切ってしまいます

目一杯 頑張りたい 楽しみたいという
欲張りな性格によるものと思われますが
結果としては それが人に迷惑をかけることにもなっているようです

最後まで 余力が残っていれば
周りの人にも 余裕の気持ちで接することもできるし
その日1日 やるべきことをやり終えることもできます

主婦であったり 親であったりする人には 当たり前のことだと思いますが
私は そのあたりが 子供のままなのかも知れません (汗!)

今回の旅行でも あらためて自分というものがよくわかりました

今後は 何事も 目一杯やらないこと!
常に 余力を残しておくこと!

それを心がけたいと思います。。。

でも どうしても疲れ切ってしまったら??

自分を 周囲から隔離すること
回復するまでは 1人でいること

それが安全策です!? (苦笑)
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-22 12:49

旅のつづき・・・

乗り放題切符が 先週末までということもあり
週末は降水確率0%という 最高のお天気だったということもあり
先週末 またまたJRの旅に出かけてきました~

本当は 前回の続きから再出発したかったのですが
時間効率も悪く 別ルートを旅してみたかったので
日本海側は 江津からの再スタートとし
鳥取までの海沿いを走ってみることにしました

ですが まずは日本海側に行かなければならないので
広島~(芸備線)~三次~(三江線)~江津へ
d0230563_12294812.jpg
朝寒かったので 三次は霧に包まれていました~
この山々がかぶっているのは 雲ではなくて霧なんですよ!

江津に出てからは
1日目:江津~(山陰本線)~出雲(泊)
2日目:(行き)出雲~松江~米子~鳥取

また 海~
d0230563_12302969.jpg

たまたま コナン列車に乗り合わせました~
d0230563_12304242.jpg

鳥取駅前広場でお弁当 ハト~
d0230563_1231397.jpg

帰りは 同じルートを鳥取~伯耆大山まで引き返し
伯備線で岡山に下る予定だったのですが・・・

伯耆大山から乗った列車が どうもおかしい??
「大山が見える~!」と喜んでいたのも束の間・・・
d0230563_12312992.jpg
「この電車は鳥取行き・・・」 のアナウンス!?
なんと! 間違って また鳥取行きの列車に乗っていたのです!!

別方面への列車が同じ番号のホームから出ており
乗り継ぎ時間が短かったので 慌てて乗ったら間違えたのです

普通の路線なら
間違っても 引き返して乗り換えれば 何ということもないのですが
この地域はキケンです~

引き返す列車も 乗り継ぎもなく
降り立った駅で まさかの2時間待ち。。。
d0230563_12322256.jpg

まあ そのお陰で 浜辺に行ってのんびりした時間を過ごすことができました!
d0230563_1233128.jpg

カモメを見ていたら アッという間に時間は過ぎ
d0230563_12331950.jpg

広い海と 大きな空に 気持ちが洗われるようでした~
d0230563_12334180.jpg

本来なら 20時には帰宅の予定でしたが
2時間遅れ+乗り継ぎ待ちで 結局24時頃の帰宅となりました~

疲れましたが なかなか有意義な2日間となりました

遠くでなくても近場でも 再発見があったりで
また新しい旅の形を 見つけた気がしていますV
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-21 12:49

自分の居場所

d0230563_1246258.jpg

自分の居場所があるって 安心感のあるものだな~
あらためてそう思った

それは
家族の中だったり
会社の中だったり
仲間の中だったり

そこには 固有の空間があり 自らの役割もある

自分という存在が 望まれているなら 心地よい空間となり
自分の役割が明確になっていれば 充実感を感じることができる

そして そういう固有の空間が 多ければ多い程
人生は豊かになり 自己成長につながるのかも知れない

人は 人によって傷つけられたり 苦しめられたりもするけれど
愛されたり 癒されたり 満たされるのも やっぱり人との関係によるところが大きい

相手と または集団と どう付き合っていくのか?
そこに 自分のどういう『居場所』を作り出すのか?

すべては 自分自身にかかっている
自分自身の心の持ち方 発言 行動に・・・

昨日 久しぶりに懐かしい仲間に会った
あまりに久しぶり過ぎて いろんなことを感じ 考えてしまった (笑)
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2014-10-17 12:50

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧