Tamaki's Message

<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧




念願の・・・

立山は 今回で3回目

1回目・・・
立山縦走の計画でしたが 初日が嵐となり 宿泊施設で待機
2日目は 時間が足りず 雄山のみ登頂
残念でなりませんでした

2回目・・・
母を連れて ハイキング程度のつもりが なぜか登山に変更?
初日は室堂山へ 2日目は竜王岳へ
私的には物足りない行程でしたが
初めて母にアルプスの山々を見せてあげられた 感慨深い山旅でした

そして 今回3回目
やっと念願の立山縦走

山岳会の企画でもあり ベテランメンバーも多数
危険はほとんどないルートではありますが やはり安心感は大きいです

初日の朝 立山の山々はガスに覆われ
「やっぱり台風の影響で 天候はダメかも?」
d0230563_12164656.jpg

そう思いながら 出発
最初の浄土山を目指します

d0230563_121843100.jpg

30分登ったくらいで ガスが消え始め
「ムムっ これは期待できるかも??」

雲の変化も 山での楽しみです
d0230563_12195642.jpg

そして 7月の立山は まだまだ雪渓が残ります
d0230563_12205721.jpg

雪渓を渡り 最初の急登に臨みます
ほとんど危険はないですが とにかく急です
d0230563_12213176.jpg

浄土山の山頂
この時間には ガスはすっかり消え
遠く北アルプスの山々や 富士山さえ くっきり見渡せました
d0230563_12234249.jpg

前回 母と登った竜王岳を通り 一ノ越まで下り
その先の雄山に登ります
d0230563_1229458.jpg

雄山は立山の主峰
ほとんどの登山者は この山を登ります
地元の学校は 遠足などで子供たちも登りますが
ガレ場で足元は悪く なかなか急峻です
d0230563_12314643.jpg

d0230563_12333116.jpg

夏のシーズン 真っただ中のこの日は すごい渋滞
みんな自分のペースで歩けず 疲れたようです

雄山山頂は こんな感じ
d0230563_12343288.jpg
あまりの混雑に 昼食だけ済ませて 早々に出発です

d0230563_12352593.jpg
映画「春を背負って」のロケ地となった 大汝山と山小屋を超え
富士の折立を過ぎて 真砂岳に向かいます

d0230563_12372585.jpg

この頃から 天候が変わり ガスで視界がなくなり
強風で足元がふらつく程

私は体が冷えてしまったようで 胃腸に違和感が・・・
カッパを着るタイミングが 遅かったようです

視界不良と体調不良のため 写真はここまで

小屋に着くなり トイレに駆け込み 体を保温し
風邪薬を飲んで 体調管理に努めました~
この日は ビールはあきらめました。。。 (泣)

2日目
5時前の日の出は見逃しましたが 朝焼けは美しく
d0230563_12382294.jpg

昨日歩いた 稜線が美しく見渡せました
d0230563_12392068.jpg

剣御前小屋を出発し この日の目的地の 奥大日岳を目指します
眼下には 出発地点の室堂が見渡せます
d0230563_12401350.jpg

最高のお天気の中 山々はとても美しいです
d0230563_1241134.jpg

d0230563_12413388.jpg

地元の方も言っていましたが こんなに天気よく 剣岳が見えるのも 珍しいとのこと

もう2度と この景色には出会えないかも知れないので
唯一 自分も記念写真を撮ってもらいました~
d0230563_12432871.jpg

高山植物が 美しいのも この時期ならではです
d0230563_1244922.jpg

空には 魚も飛んでいます!?
d0230563_12473411.jpg


あまりのお天気の良さに 少々バテ気味
写真を撮る元気も ここまでとなりました~

下山後は 雷鳥荘で 温泉に入り ビールで乾杯!
宴会後は 天体望遠鏡まで登場して 星の観察会が開催されました~
ダウンを着ていても 寒かったので 私は早々に退散しました~

室堂ターミナルを中心に それを取り巻く山々をぐるっと一周したような今回の縦走
やっと立山登山のスタンダードコースを征服することができ
3回目にして リベンジが叶いました

山岳会の他のパーティは 剣岳に登りましたが
2日目は15時間も歩いたとか!
その日は 滑落事故も起きていて
命が惜しい私は 一生挑戦はしないでしょう~
d0230563_12453658.jpg

登る喜び 眺める喜び
危険な山は 眺めているだけで十分ですV

こうして 今年の夏山は終わりました~
され 来年はどこに行けるかな??
楽しみです!
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2015-07-30 12:57 |

立山へ

d0230563_12373480.jpg

諸事情により(?) 今年のアルプスは1回のみとなりそうですが
今晩から出発です!

台風が来ているので どうなるかわかりませんが
団体行動なので 大丈夫そうであれば 行くだけは行ってみる
そのパターンです

現地に着いて ヤバそうであれば 断念もアリです

テンションは全然上がってません
ダメかも知れないので 上げないようにしています!?

ちなみに 現地の映像はライブカメラでモニターできます
http://www.alpen-route.com/live_camera/murodou.html

では 留守中ヨロシクお願いします。。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2015-07-24 12:43

短所も長所

d0230563_1245014.jpg

人には 短所と長所がある
それは当たり前のこと・・・

でも 見方を変えれば
短所は長所にもなり 長所は短所にもなる

感情表現が豊かと言えば それは長所に分類される
でも 感情の起伏が激しすぎると言えば それは短所に分類される

几帳面と言えば 長所だが
神経質過ぎると言えば 短所になる

短所も長所も 本質の部分は同じ・・・

その表れ方や影響が 周囲に対して
プラスに働いているのか? マイナスに働いているのか?
それが 評価の分かれ道になる

誰でも 短所と長所がある

短所に思えることでも
本人が プラスに働くように努力したり
周りが プラスにとらえるように努力することで
短所が長所に変わる

その一方 長所に思えることでも
それが 度を過ぎて
周りにマイナス影響を与えるようでは 長所とは言えない

長所も短所も 程度をコントロールすること
そして 相手に対しても 短所と決めつけず
見方を変えてあげること

「みんな違うから だからいい」

自分にない性質を 否定するのではなく
そこに恩恵がないか 探ってみると
相手に感謝することもでき 人間間関係はもっと豊かになれると思う
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2015-07-23 12:54

そこに愛はあるか~!?

d0230563_12554263.jpg

昔のドラマで あんちゃんが叫んでたっけな~(笑)
それを思い出した

同じように注意されても 
カチンと来たり カチンと来なかったり
素直に受け止められたり 受け止められなかったり

その違いって何なんだろうと考えてみた

答えは・・・ 「そこに愛が感じられるかどうか」

どんな注意を受けても そこに相手の深い愛情や
心から心配してくれている気持ちが伝わってくれば
素直に 相手の言葉を受け止められる

その一方 正しい/正しくないが論点になってしまうと
どうしても反発的になってしまう

要は 伝えようとしている動機と 伝え方がポイント?

部下を含め 相手にアドバイスしたり注意したりするとき
自分のこだわり/やり方を押し付けているだけではないか?
マイナスの感情に乗せて言葉を発していないか?
そんなことを自問自答してみる必要がある

どうして自分がそういう言動を取っているのか
それが伝わるようにする努力が必要と思う

絶対に曲げられないルールの場合
相手を思ってこその助言の場合

これまでの自分の言動は
単に自分の「こだわり」の部分が多かったように思う

こだわりが強すぎるのは 個性的とも言えるが
その反対に 周囲との摩擦も大きくなる

周囲に愛情を持つことは こだわりを強く持ち過ぎず
ニュートラルな価値観を持てるようになることなのかも知れない

そんな風に思うようになった
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2015-07-22 13:00

もう一つ・・・

d0230563_12204127.jpg

昨日の話の続きです・・・

時間がない=心の余裕がなくなる=平常時のように振る舞えなくなる

これが いつもの私の姿。。。

でも やっぱりこれも
心の持ち方/頭の切り替え方次第

時間が「ない」と思うから 心の余裕がなくなるだけで
その時許された時間の範囲で やりくりすることを考えれば
決して 時間は「ない」わけではない

そして 関係のないところにまで 負の要因を
気持ち的に持ち込んでしまうから おかしくなるだけ

ブロック化した時間の単位で
いつもの自分らしく 振る舞おうとすれば 平常心でいられる

たとえ時間は少なくても その中身を濃くできれば
ちゃんと充実感もあって 満足感も生み出せるハズ

物事を薄っぺらくしてしまっているのは 自分自身

すべては 心の持ち方次第なのだと気づかされます。。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2015-07-15 12:27

ブロック化


人は それぞれ
いろんなタイプの人がいるんだな~と 気付くと面白いです

私は 何か事があると それで頭がいっぱいになるタイプ
たいていの場合 それ以外は吹っ飛んでしまいます

「没頭する」 と言えば聞こえはいいですが
大人としては マイナスな思考パターン

周りに 悪影響を与えてしまうことも 多々あります。。。

会社では 極力気をつけていることも
プライベートでは なかなかうまくコントロールできません

うまくコントロールできる人と 自分のような人間との違いは何か?

それは 思考を 「ブロック化」 できているか否か
そう考えると わかりやすいのかも知れません

何が起きても あまり動じない人は・・・
物事を 「ブロック」 単位でとらえているため
どこかのブロックに問題が発生しても その範囲で処理するため
全体には影響が出ない

例えて言えば
全体の1/10のエリアが 黒く染まっても
残りの9/10のエリアは いつもと変わらず 白いままでいられる

一方 自分のような人間は・・・
自分自身が 常に一つの単位となってしまっているため
何かが起きると すぐに全体に影響が出てしまう

例えて言えば
全体の1/10のエリアが 黒く染まると
残りの9/10のエリアも 同じように黒く染まってしまうのです

心を強く持ったり 動揺に強い体質になるには
自分の思考回路を 「ブロック化」 してみることですね

そして そのブロックを 小さくできればできるほど
他に及ぶ影響を 小さく抑えられるのかも知れません。。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2015-07-14 13:01

2年ぶり?

d0230563_12384840.jpg

35年以上の付き合いだと 2年という時間さえ
「もうそんな経った??」 って感覚です(笑)

久しぶりに 幼友達4人で集まりました

それぞれ家庭の事情などがあり なかなか予定が合わないので
毎回「幹事さん」は調整が大変です

4家庭の2年間を それぞれ報告するだけでも かなりのボリュームです!
順番に報告し合って やっとお互いの近況が把握できます

それぞれ 別に友人関係は持っていますが
家庭内の話などは 差し障りがあって話せないこともあります

でも さすがにこのメンバー内では 何でもアリ!

話して恥ずかしいことも 話しにくいことも 何もありません
人には言えないような 辛かった経験も すべて知っている間柄ですから・・・

私自身も 久しぶりに気が置けない友達とおしゃべりできて
いいリフレッシュになりました

笑ったのは・・
解散後になって 驚きのニュースをメールで報告してきた子がいたりして!?
(会ってる間に言いなさいっての!)

その後 すさまじい勢いで 4人の間でメールが飛び交ったことは
言うまでもありません!(笑)

さて 次回の集合はいつかな~?
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2015-07-06 12:47

高齢化

d0230563_12105260.jpg

先週末 法事があり 久しぶりに親戚一同が集まりました

ひと年取ると 親戚が集まるのは お悔みごとばかり・・・
「次はいつかね~?」 が禁句のように感じてしまいます

それはさておき

前回から4年しか経っていないのに
中高年にとっての4年の大きさを ズッシリと痛感してしまいました

いとこ達は しっかりオジサン/オバサンになっており (自分も含め?)
叔父叔母は しっかりオジイサン/オバアサンになっており

朝会って 夕方別れるまで
話題は 病気や怪我 入院や介護といった話題ばかり・・・

いとこは いとことして集まったというより
親たちの「介助者」として 付き添ったという感じでした

老いと病気に 老々介護
我が親戚の状況は 今後の日本の縮図だと思いました

同居している子供が介護
近所に住んでいる子供が介護

独身であれば 自分の人生を捧げる結果となり
結婚していれば 2つの家族を同時に面倒みないといけない負担

それでも 親たちの世代はまだいいのかも知れません
面倒みてくれる人間がいるから・・・

私たちの世代は??

子供のいる方は別として
子供のいない方や  「おひとりさま」 の老後は不安ですよね

高齢化社会に向けて もっと本気で取り組んでもらいたいものです。。。
[PR]



by TAMAKI_IN_JAPAN | 2015-07-01 12:29

思いを行動に        What can we do now?
by TAMAKI_IN_JAPAN
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

アンガーマネジメント
at 2017-01-11 23:55
あけましておめでとうございます
at 2017-01-07 09:18
仲間の死
at 2016-11-22 12:57
働く喜び
at 2016-10-19 12:54
今夜は乾杯だな~!
at 2016-10-07 12:27

ファン

ブログジャンル

画像一覧